忍者ブログ

[PR]

2018年12月17日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こども売り上げランキング 2012/04/24(火) 07:50:46 更新

2012年04月24日
絵本・地獄
  • 風濤社
  • 価格:¥ 1,575
  • 発売日:1980-08
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


モモ (岩波少年文庫(127))
  • 岩波書店
  • 価格:¥ 840
  • 発売日:2005-06-16
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
  • こぐま社
  • 価格:¥ 840
  • 発売日:1972-10-15
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


   しろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキを作るお話。1970年の発売以来ロングセラーを続ける「こぐまちゃんえほん」シリーズのなかでも、特に人気の1冊。    冷蔵庫から卵を取り出して(1個、割れてしまうけれど)、牛乳をいれてよくかきまぜる。ふわふわの小麦粉とふくらし粉を加えてまぜたら、さあ、フライパンへ。この後が、この絵本最大の見せ場。ホットケーキがだんだん焼けていく12の工程が、楽しい擬音とともに見開きページにずらりと並んでいる。    「ぽたあん」と白い生地を落して、表面が「ぷつぷつ」してきたら、生地は黄色く色づいている。「しゅっ」「ぺたん」とひっくり返せば、今度はこんがりきつね色。「ふくふく」とふくらんだら、「ぽいっ」とお皿にのせて、できあがり。お友だちを呼んで、なかよく食べたら、お皿洗いも、自分でやろう。    この本を開くたび、きっとホットケーキを食べたくなる。子どもと一緒に、本を見ながら作ってみたい。0~3才向け。(門倉紫麻)
ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
  • 福音館書店
  • 価格:¥ 840
  • 発売日:1967-01-20
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


   1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。 ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら
   歌いながら森へでかけたぐりとぐら。大きなたまごを発見し「あさから ばんまで たべても、まだ のこるぐらいの おおきい かすてら」を焼くことにした。甘いにおいにつられて、森の動物たちが次々と集まってくる。「けちじゃないよ ぐりとぐら ごちそうするから まっていて」。さあ、できあがり。おなべのふたをとると、ふんわり黄色いかすてらが顔を出す。    たまごが大きすぎて運べないなら、この場で作ろう。たまごのカラが残ったら、自動車を作って乗って帰ろう。次々と楽しいことを思いつき、軽やかに実行してみせるふたり。「(ぐりとぐらに)苦手なものはあるの?」という読者からの質問に、著者の中川李枝子は「失敗しても、間違っていても平気。やりなおせばいいもの」(『ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて』より)と答えている。ぐりとぐらの、この大らかな性格が、読み手の気持ちをやわらかくほぐしてくれる。    そして、誰もが夢中になるのはなんといってもあの「かすてら」。どれだけ時がたっても、甘い、幸せな記憶としてほかほかと胸に残る。    「ぐりとぐら」は、本書以降シリーズ化されており、クリスマスや海水浴など、いろいろな場面でのふたりの活躍を見ることができる。(門倉紫麻)
PR
11-20位はこちら "こども売り上げランキング 2012/04/24(火) 07:50:46 更新"

こども売り上げランキング 2012/04/21(土) 19:50:41 更新

2012年04月21日
絵本・地獄
  • 風濤社
  • 価格:¥ 1,575
  • 発売日:1980-08
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
  • こぐま社
  • 価格:¥ 840
  • 発売日:1972-10-15
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


   しろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキを作るお話。1970年の発売以来ロングセラーを続ける「こぐまちゃんえほん」シリーズのなかでも、特に人気の1冊。    冷蔵庫から卵を取り出して(1個、割れてしまうけれど)、牛乳をいれてよくかきまぜる。ふわふわの小麦粉とふくらし粉を加えてまぜたら、さあ、フライパンへ。この後が、この絵本最大の見せ場。ホットケーキがだんだん焼けていく12の工程が、楽しい擬音とともに見開きページにずらりと並んでいる。    「ぽたあん」と白い生地を落して、表面が「ぷつぷつ」してきたら、生地は黄色く色づいている。「しゅっ」「ぺたん」とひっくり返せば、今度はこんがりきつね色。「ふくふく」とふくらんだら、「ぽいっ」とお皿にのせて、できあがり。お友だちを呼んで、なかよく食べたら、お皿洗いも、自分でやろう。    この本を開くたび、きっとホットケーキを食べたくなる。子どもと一緒に、本を見ながら作ってみたい。0~3才向け。(門倉紫麻)
例解学習国語辞典
  • 小学館
  • 価格:¥ 1,995
  • 発売日:2010-11-19
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


三省堂 例解小学国語辞典 第五版
  • 三省堂
  • 価格:¥ 1,995
  • 発売日:2011-01-21
  • 通常5~6日以内に発送

携帯の方はコチラ


おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)
  • 福音館書店
  • 価格:¥ 735
  • 発売日:1986-06-20
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


   暗い夜空に、三角屋根のおうちと2匹のネコの黒いシルエットが浮かんでいる。やがて屋根の上がぼうっと明るくなり、おつきさまがぽっかりと顔を出す。「おつきさま こんばんは」。おはなししようとやってきた雲に、ちょっとのあいだ隠されてしまうけれど、雲はすぐに去り、おつきさまは、にっこり笑う。    おつきさまの表情の変化につられて、赤ちゃんもにっこりしたり、泣きべそをかいたり。裏表紙の、「あかんべー」をしたおちゃめな表情が、特に人気。「こんばんは」と赤ちゃんと声をそろえれば、お気に入りのあいさつになりそうだ。    夜空の深い青色、おつきさまのあざやかな黄色。少ない色数で、幻想的な世界が作りあげられている。屋根に登った猫が毛を逆立たり、最後のページでお母さんと子どもが外に出てきたりと、ちょっとした演出も楽しい。    著者は『はじめてのおつかい』、『こんとあき』などで知られる林明子。本書はロングセラー『くつくつあるけのほん』シリーズの1冊。0歳から。(門倉紫麻)
モモ (岩波少年文庫(127))
  • 岩波書店
  • 価格:¥ 840
  • 発売日:2005-06-16
  • 在庫あり。

携帯の方はコチラ


11-20位はこちら "こども売り上げランキング 2012/04/21(土) 19:50:41 更新"
 | HOME | 次のページ »