忍者ブログ

[PR]

2018年08月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こども売り上げランキング 2008/09/16(火) 06:50:26 更新

2008年09月16日
?位 本売れ筋人気ランキングブログ

本売れ筋人気ランキングブログ

長野博withウルトラマンティガ
  • ダイヤモンド社
  • 価格:¥ 1,680
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:2008-09-05
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


「ハリー・ポッターと死の秘宝」 (上下巻セット) (ハリー・ポッターシリーズ第七巻)
  • 静山社
  • 価格:¥ 3,990
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:2008-07-23
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


こちらもおすすめ 贈り物にも最適! ハリー・ポッターシリーズ全巻セット
1巻から3巻を試し読み 1~3巻 スターターセット


ハリー・ポッターを読み返す ハリー・ポッターと
賢者の石 ・通常版
・携帯版 ハリー・ポッターと
秘密の部屋 ・通常版
・携帯版 ハリー・ポッターと
アズカバンの囚人 ・通常版
・携帯版 ハリー・ポッターと
炎のゴブレット ・通常版
・携帯版 ハリー・ポッターと
不死鳥の騎士団 ・通常版
・携帯版 ハリー・ポッターと
謎のプリンス ・通常版 ハリー・ポッターと
死の秘宝 ・通常版


第1巻~第7巻:内容紹介 ハリー・ポッターと賢者の石
ハリー・ポッターは孤児。意地悪な従兄にいじめられながら11歳の誕生日を迎えようとしたとき、ホグワーツ魔法学校からの入学許可証が届き、自分が魔法使いだと知る。キングズ・クロス駅、9と4分の3番線から紅色の汽車に乗り、ハリーは未知の世界へ。ハリーを待ち受けていたのは、夢と、冒険、友情、そして自分の生い立ちをめぐるミステリー。
ハリーはなぜ魔法界で知らぬものが無いほど有名なのか? 額の傷はなぜか? 自分でも気づかなかったハリーの魔法の力が次々と引き出されてゆく。そして邪悪な魔法使いヴォルデモートとの運命の対決。 ハリー・ポッターと秘密の部屋
魔法学校で一年間を過ごし、夏休みでダーズリー家に戻ったハリーは意地悪なおじ、おばに監禁されて餓死寸前。やっと、親友のロンに助け出される。ロンの家で夏休みを過ごしたハリーは初めて魔法使いの家族の生活にふれ、毎日驚くことばかり。しかし、新学期が始まった途端、また事件に巻き込まれる。 ホグワーツ校を襲う姿無き声。次々と犠牲者がでる。そしてハリーに疑いがかかる。
果たしてハリーはスリザリン寮に入るべきだったのだろうか。ヴォルデモートとの対決がその答えを出してくれる。 ハリー・ポッターとアズカバンの囚人
ハリーはもう13歳。夏休みは、あいかわらず意地悪なダーズリー一家にいじめられる毎日だ。そんな時、アズカバンという恐ろしい監獄から、凶悪犯が脱獄したというニュースを聞く。
アズカバンとは、あの大男のハグリッドでさえ聞いた途端に震えあがった、脱獄不可能といわれる監獄。この凶悪犯がなんとハリーの命をねらっているという。脱獄犯を追うアズカバンの怪物ディメンター。ハリーにつきまとう死神犬(グリム)の影…。
おどろおどろしい展開の中で明るい話題はクィディッチだ。新しい箒を手に入れたハリーが大活躍。キャプテン、オリバー・ウッドの悲願、グリフィンドールの優勝は成るか? ハリー・ポッターと炎のゴブレット
クィディッチのワールドカップで、空に不吉な印が上がった。ヴォルデモートの復活か? 巧妙に仕組まれた罠が、ハリーを三大魔法学校対抗試合の選手に選ぶ。死を招く難題を、次々と乗り越えるハリー。しかし、親友のロンに異変が起こる。寂しいハリーの心を掴んだ女性は?
多彩な登場人物が、ハリーの過去を明かし、ヴォルデモートの正体にせまる。そしてついに痛ましい犠牲者が…。 ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
復活したヴォルデモートとの戦いはいつ始まるのか?ハリーにはなんの知らせも来ない。そして突然ハリーは吸魂鬼に襲われる。「不死鳥の騎士団」に助けだされたハリーは、「騎士団」が何か重大な秘密を守っていることを知る。新学期が始まり、恐ろしい新任教授アンブリッジと黒い扉の夢に悩まされ続けるハリーに、チョウ・チャンが微笑みかける…。 ハリー・ポッターと謎のプリンス
ヴォルデモートの復活のせいで、夏だというのに国中に冷たい霧が立ち込めていた。そんな中を、ダーズリーの家にダンブルドアがやって来るという。いったい何のために?そして、ダンブルドアの右手に異変が……。17年前の予言は、ハリーとヴォルデモートとの対決を避けられないものにした。過酷な運命に立ち向かう16歳のハリーに、ダンブルドアの個人教授が始まる。 ハリー・ポッターと死の秘宝
7月31日、17歳の誕生日に、母親の血の護りが消える。「不死鳥の騎士団」に護衛されて飛び立つハリー、そして続くロンとハーマイオニー。ダンブルドアの遺品を手がかりに、彼らの旅が続く。その先にある戦いは…。
日本で一番ハリーな街
「日本で一番ハリーな街」は、ハリー・ポッターシリーズ最新刊『ハリー・ポッターと死の秘宝』をAmazon.co.jpで予約注文したお客様数の*割合が最も高い街順に上位100の街をランキング形式でお知らせするプロモーションです。(※すべての市区町村が対象になります。また東京の区部は23区すべてを合計した注文数になります。*割合の算出方法は、予約注文数/各市区町村の人口です) 最終結果発表は こちらから Amazon.co.jp 川柳&動画コンテスト
2008年6月2日(月)~6月15日(日)の期間実施致しました川柳&動画コンテストで、お客様による最終審査投票の結果、大賞、優秀賞、審査員特別賞それぞれが決定致しましたので、発表いたします。 大賞、優秀賞、審査員特別賞は こちらから J.K.ローリング インタビュー
「自分が一番好きなことをして生きてるのだから、私はとてつもなく幸運な人間です。私が物を書くことをやめることはないでしょう。本が出版されただけでも素晴らしいことでした。でも最高のご 褒美は、人々が熱心に読んでくれたことです」――J.K.ローリング ハリー・ポッターの創作者、J.K.ローリングの独占インタビューは こちらから 「ハリー・ポッターの魅力」を探る
カレンダー、ポスター、日記帳から、関連書籍、洋書版、DVD、CD、ゲーム、フィギュアなど、
ハリー・ポッター関連商品は ハリー・ポッターストアへ
ちいさなあなたへ
  • 主婦の友社
  • 価格:¥ 1,050
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:2008-03
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


崖の上のポニョ 徳間アニメ絵本30
  • 徳間書店
  • 価格:¥ 1,680
  • 発売日:2008-08
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)
  • 福音館書店
  • 価格:¥ 735
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:1986-06
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


   暗い夜空に、三角屋根のおうちと2匹のネコの黒いシルエットが浮かんでいる。やがて屋根の上がぼうっと明るくなり、おつきさまがぽっかりと顔を出す。「おつきさま こんばんは」。おはなししようとやってきた雲に、ちょっとのあいだ隠されてしまうけれど、雲はすぐに去り、おつきさまは、にっこり笑う。    おつきさまの表情の変化につられて、赤ちゃんもにっこりしたり、泣きべそをかいたり。裏表紙の、「あかんべー」をしたおちゃめな表情が、特に人気。「こんばんは」と赤ちゃんと声をそろえれば、お気に入りのあいさつになりそうだ。    夜空の深い青色、おつきさまのあざやかな黄色。少ない色数で、幻想的な世界が作りあげられている。屋根に登った猫が毛を逆立たり、最後のページでお母さんと子どもが外に出てきたりと、ちょっとした演出も楽しい。    著者は『はじめてのおつかい』、『こんとあき』などで知られる林明子。本書はロングセラー『くつくつあるけのほん』シリーズの1冊。0歳から。(門倉紫麻)
じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
  • 偕成社
  • 価格:¥ 630
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:2001-08
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


   赤ちゃんは、言葉自体の持つ響きやリズムを楽しむ耳を持っているという。そんな赤ちゃんの興味を存分に満たし、モノの名前と音とその形とを結び付けてくれる1冊。    自動車は「ぶーぶーぶーぶー」。イヌは「わんわんわんわん」、水は「じゃあじゃあじゃあ」、紙は「びりびりびり」。この絵本の題名はこの水と紙の音だ。ほかにも赤ちゃんの回りにある音がこの絵本はあふれている。掃除機「ぶいーん ぶいーん ぶいーん」、踏み切り「かん かん かん かん」、赤ちゃん「あーん あーん あーん あーん」。    イラストはカラフルで、極限まで無駄な線を省いたシンプルな切り絵。文字もイラストにあわせて配置されるなどの工夫がされている。14cm×14cmのミニサイズと赤ちゃんの小さな手にも程よい大きさ。しかもボードブック仕様なので少々乱暴に扱っても破れる心配もない。お出かけに持っていくにも便利な、赤ちゃんのための絵本である。(小山由絵)
しろくまちゃんのほっとけーき (こぐまちゃんえほん)
  • こぐま社
  • 価格:¥ 840
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:1972-10
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


   しろくまちゃんが、お母さんと一緒にホットケーキを作るお話。1970年の発売以来ロングセラーを続ける「こぐまちゃんえほん」シリーズのなかでも、特に人気の1冊。    冷蔵庫から卵を取り出して(1個、割れてしまうけれど)、牛乳をいれてよくかきまぜる。ふわふわの小麦粉とふくらし粉を加えてまぜたら、さあ、フライパンへ。この後が、この絵本最大の見せ場。ホットケーキがだんだん焼けていく12の工程が、楽しい擬音とともに見開きページにずらりと並んでいる。    「ぽたあん」と白い生地を落して、表面が「ぷつぷつ」してきたら、生地は黄色く色づいている。「しゅっ」「ぺたん」とひっくり返せば、今度はこんがりきつね色。「ふくふく」とふくらんだら、「ぽいっ」とお皿にのせて、できあがり。お友だちを呼んで、なかよく食べたら、お皿洗いも、自分でやろう。    この本を開くたび、きっとホットケーキを食べたくなる。子どもと一緒に、本を見ながら作ってみたい。0~3才向け。(門倉紫麻)
いないいないばあ
  • 童心社
  • 価格:¥ 735
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:1967-04
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


となりのトトロ (徳間アニメ絵本)
  • 徳間書店
  • 価格:¥ 1,680
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:1988-06
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)
  • 福音館書店
  • 価格:¥ 840
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:1967-01-20
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


   1963年に「こどものとも」誌上で発表されて以来、日本だけでなく世界各国で愛され続けるふたごの野ネズミ「ぐり」と「ぐら」のお話。 ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
このよで いちばん すきなのは
おりょうりすること たべること
ぐり ぐら ぐり ぐら
   歌いながら森へでかけたぐりとぐら。大きなたまごを発見し「あさから ばんまで たべても、まだ のこるぐらいの おおきい かすてら」を焼くことにした。甘いにおいにつられて、森の動物たちが次々と集まってくる。「けちじゃないよ ぐりとぐら ごちそうするから まっていて」。さあ、できあがり。おなべのふたをとると、ふんわり黄色いかすてらが顔を出す。    たまごが大きすぎて運べないなら、この場で作ろう。たまごのカラが残ったら、自動車を作って乗って帰ろう。次々と楽しいことを思いつき、軽やかに実行してみせるふたり。「(ぐりとぐらに)苦手なものはあるの?」という読者からの質問に、著者の中川李枝子は「失敗しても、間違っていても平気。やりなおせばいいもの」(『ぼくらのなまえはぐりとぐら 絵本「ぐりとぐら」のすべて』より)と答えている。ぐりとぐらの、この大らかな性格が、読み手の気持ちをやわらかくほぐしてくれる。    そして、誰もが夢中になるのはなんといってもあの「かすてら」。どれだけ時がたっても、甘い、幸せな記憶としてほかほかと胸に残る。    「ぐりとぐら」は、本書以降シリーズ化されており、クリスマスや海水浴など、いろいろな場面でのふたりの活躍を見ることができる。(門倉紫麻)
もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)
  • 文研出版
  • 価格:¥ 1,365
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:1977-01
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
  • 講談社
  • 価格:¥ 1,470
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:1977-01
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
  • 福音館書店
  • 価格:¥ 780
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:2000
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


おひさま あはは
  • こぐま社
  • 価格:¥ 840
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:1989-07
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


 「あはは」という笑顔にあふれた絵本。お日さまがぴっかぴっかの笑顔で「あはは」、大きな木が「あはは」、のけぞって大笑いする小鳥たちに、大口をあけた大輪のひまわり。子犬も思わず駆け出して「あはは」。みんなが「あはは」のなか、ぼくはひとりでへの字口。寝起きなのか機嫌の悪い僕も、おかあさんに抱っこされたなら、一緒に「あはは」。    短いセンテンスと「あはは」のくり返しは小さい子どもへの読み聞かせに最適。柔らかな線で描かれる笑顔は金色に輝いて、読み手の笑顔まで誘い出す。魚もネコもみんな、本当に幸せそうに笑うのだ。ページの隅に描かれる昆虫たちのイシシ笑いもまた楽しい。    普段読んでも充分楽しめるが、育児に疲れて子どもたちへの笑顔が出なくなったお母さんにぜひ手にとって欲しい。子どもと一緒に「あはは」を繰り返しているうちに、いつの間にか笑顔が戻ってくるに違いない。読み手を幸せな気分へと導いてくれる不思議な1冊である。(小山由絵)
モモ (岩波少年文庫(127))
  • 岩波書店
  • 価格:¥ 840
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:2005-06-16
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


あっちゃんあがつく―たべものあいうえお
  • リーブル
  • 価格:¥ 1,890
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:2001-03
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


PR