忍者ブログ

[PR]

2019年04月19日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

暮らし・健康・子育て売り上げランキング 2008/09/16(火) 02:50:26 更新

2008年09月16日
?位 本売れ筋人気ランキングブログ

本売れ筋人気ランキングブログ

O型自分の説明書
  • 文芸社
  • 価格:¥ 1,050
  • レビュー:点数4.0
  • 発売日:2008-08-01
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


おうちヨガ SHIHO meets YOGA
  • ソニー・マガジンズ
  • 価格:¥ 2,100
  • レビュー:点数4.0
  • 発売日:2008-07-16
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


おつまみ横丁―すぐにおいしい酒の肴185
  • 池田書店
  • 価格:¥ 1,050
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:2007-09-15
  • 通常3~5週間以内に発送

携帯の方はコチラ


A型自分の説明書
  • 文芸社
  • 価格:¥ 1,050
  • レビュー:点数3.5
  • 発売日:2008-04
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


金持ち父さん貧乏父さん
  • 筑摩書房
  • 価格:¥ 1,680
  • レビュー:点数4.0
  • 発売日:2000-11-09
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者である。彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる(立派な人物ではあるが、週払いの小切手では家計が潤うことは1度もなかった)。一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなる(「金のために働く下層・中産階級」が「自分のために使う金には困らないお金持ち」になったのだ)。この教訓を肝に銘じていた筆者は、47才で仕事をリタイアすることができた。コンサルタント兼公認会計士のシャロン L. レクターとの共著である本書では、彼とお金との関わりあいを支えてきた哲学が披露されている。
筆者の言い分が延々と続くのにはうんざりさせられるが、それでもなお、学校教育では絶対教えてくれない「経済面でのリテラシー」の必要性を主張する本書は説得力がある。変わりばえのしない仕事を極めることよりも、収入を元手に資産を賢く殖やすことの方が、最終的には必ず人生に富をもたらすという主義に基づき、仕事に見切りをつけるための資産を得るにはどうしたらよいかを教えてくれる。
骨盤ネジ締めダイエット (マキノ出版ムック)
  • マキノ出版
  • 価格:¥ 980
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:2008-07-02
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


実践イラスト版 スローセックス 完全マニュアル
  • 講談社
  • 価格:¥ 1,000
  • レビュー:点数4.0
  • 発売日:2007-07-04
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


IKKO キレイの魔法 ―愛され顔のメイクのレシピ
  • 世界文化社
  • 価格:¥ 1,400
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:2008-08-09
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


田中宥久子の造顔マッサージ (DVD付)
  • 講談社
  • 価格:¥ 1,995
  • レビュー:点数4.5
  • 発売日:2006-12-16
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


おつきさまこんばんは (福音館 あかちゃんの絵本)
  • 福音館書店
  • 価格:¥ 735
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:1986-06
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


   暗い夜空に、三角屋根のおうちと2匹のネコの黒いシルエットが浮かんでいる。やがて屋根の上がぼうっと明るくなり、おつきさまがぽっかりと顔を出す。「おつきさま こんばんは」。おはなししようとやってきた雲に、ちょっとのあいだ隠されてしまうけれど、雲はすぐに去り、おつきさまは、にっこり笑う。    おつきさまの表情の変化につられて、赤ちゃんもにっこりしたり、泣きべそをかいたり。裏表紙の、「あかんべー」をしたおちゃめな表情が、特に人気。「こんばんは」と赤ちゃんと声をそろえれば、お気に入りのあいさつになりそうだ。    夜空の深い青色、おつきさまのあざやかな黄色。少ない色数で、幻想的な世界が作りあげられている。屋根に登った猫が毛を逆立たり、最後のページでお母さんと子どもが外に出てきたりと、ちょっとした演出も楽しい。    著者は『はじめてのおつかい』、『こんとあき』などで知られる林明子。本書はロングセラー『くつくつあるけのほん』シリーズの1冊。0歳から。(門倉紫麻)
じゃあじゃあびりびり (まついのりこのあかちゃんのほん)
  • 偕成社
  • 価格:¥ 630
  • レビュー:点数5.0
  • 発売日:2001-08
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


   赤ちゃんは、言葉自体の持つ響きやリズムを楽しむ耳を持っているという。そんな赤ちゃんの興味を存分に満たし、モノの名前と音とその形とを結び付けてくれる1冊。    自動車は「ぶーぶーぶーぶー」。イヌは「わんわんわんわん」、水は「じゃあじゃあじゃあ」、紙は「びりびりびり」。この絵本の題名はこの水と紙の音だ。ほかにも赤ちゃんの回りにある音がこの絵本はあふれている。掃除機「ぶいーん ぶいーん ぶいーん」、踏み切り「かん かん かん かん」、赤ちゃん「あーん あーん あーん あーん」。    イラストはカラフルで、極限まで無駄な線を省いたシンプルな切り絵。文字もイラストにあわせて配置されるなどの工夫がされている。14cm×14cmのミニサイズと赤ちゃんの小さな手にも程よい大きさ。しかもボードブック仕様なので少々乱暴に扱っても破れる心配もない。お出かけに持っていくにも便利な、赤ちゃんのための絵本である。(小山由絵)
名作マンガの間取り
  • ソフトバンククリエイティブ
  • 価格:¥ 1,000
  • レビュー:点数3.0
  • 発売日:2008-07-26
  • 通常24時間以内に発送

携帯の方はコチラ


PR